BLOG アニメ

ガゼフ初登場シーン

更新日:

初めに言っておきます。私はガゼフが好きです。
以下ほとんど冗談です。

あらすじ

戦士長ガゼフの命を狙う陽光聖典。
村人を助けに来たガゼフだったが、実は狙われていたのは自分だった!
なんとガゼフが村人の命をおびやかしていたのだ。
しかし、本人はそんなことは気にもしていないようだ。

アインズとの会話

アインズを金で雇おうとするが、ソッコー断られるガゼフ。

そこで泣き落としへ移行。
村人を救ってくれたことについて、ひたすら感謝の言葉を連発する。
ぶっちゃけ、しつこい。
そして要求ランクを落として更に頼み込んだ。
「村人だけ」でも守ってくれと。

飽きれたようにアインズは承諾した。
ちなみに村人はどうせ守るつもりだったのでガゼフに頼まれなくても
勝手に守っていたと思われる。

アインズから渡されたテ〇ガのようなものを
何の疑いもなく懐にしまい込むと
村人には何の説明もせずに敵陣へ走り去った。

この会話により、アインズからの評価は
虫程度→小動物程度に昇格した。

ガゼフの戦い

馬を走らせながら矢を放つ戦士長ガゼフ。
敵のアーク・エンジェル・フレイムの防護壁により矢は砕け散ってしまう。
なぜ術者を狙わなかったのだろうか。そこまで考える余裕がなかったか、
外すと恥ずかしいので大きい的を狙ったかのどちらかだろう。
おそらくは前者、その証拠に、すぐに弓をポイしている。

その後、一番最初に馬から振り落とされたガゼフは
親切な部下が手を貸そうとしているのを無視して無謀な近接戦を始める。
攻撃したにもかかわらず無傷であるアーク・エンジェル・フレイムを
見ながら「なるほどな」とあたかも何かわかったような口ぶりだ。

 

作戦を無視する部下達

撤退の命令を無視し、ガゼフの元へ返ってくる部下達。
このことから、ガゼフの命令がどの程度部下達に対して強制力があるかが
わかる。そして一応表向きの理由は戦士長を助けるためと勇ましく突入する
部下達に対してガゼフの放った言葉。それは

本当にバカな奴らだ。。。

なんと部下達をバカ呼ばわり。そしてなぜかドヤ顔である。

命令が浸透していなかったことで、部下達から多数の死傷者を出した。

武技の連発

部下が返ってきたことでかっこ付けたくなったガゼフは調子にのって
後先考えずに武技を連発する。
このことで部下達に希望があるという誤解をあたえてしまう。

そして、言うまでもないが、相当疲れて息切れしている。

すぐに敵の天使の増援が召喚され、
「まずいな。。。」
とやっと自分の置かれている状況に気付く。

 

最終手段「アインズの兄貴」

追い詰められたガゼフは最終手段に出る。

「あの村にはオレより強い御仁がいるぞ」

まるでいかにもチンピラかスネ夫が言いそうなセリフだ。
オレのバックには○○さんがいる
という、有名なあれである。

しかし敵には信用してもらえず、部下にはダサい言葉を聞かれてしまい
損をしてしまう。

その後、アインズがガゼフと交代。そのことを察して安心したガゼフは、
部下の安否を確認することなく無責任にも寝入ってしまうのだった。

-BLOG, アニメ
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.